カテゴリ:myself( 61 )

子供

子供、やっぱり欲しかったかな…と思うことは少なからずある。

何故子供を産もうとしなかったかというと…
(多分単純な理由だけでもないんだろうけど)

1.仕事を辞める決心がつかず、両立はできないと思っていた。
(夫より自分の方が収入が多かったのもあるのかも) 

2.自分に似た子供が凶悪犯罪者にならないとも限らないと
漠と不安に思っていた

この2つが最大の理由だったんじゃなかろうか。

今回の佐世保の事件で、この後者を思い出しちゃった。
自分がダークサイド(?)に堕ちることはないと思うけど、
酒鬼薔薇事件の際、何故か他人事じゃないと感じたんだよね。
当時その話したら、亡母にも賛同されちゃった。
そして、まぁ無理に子供持たなくてもいいんじゃない、と。

そんなこと気にしてもしょうがないと思いつつも、
最後のところで踏ん切らなかったのは、やっぱりされかもね。
多少の後悔はありつつも、まぁ仕方ないかと思えるのも
2番目の理由が根底にあるからなんだと思う…

More
[PR]
by romy_K | 2014-08-01 22:27 | myself

別人の記憶

前世の記憶ってやつか、パラレルなアナザーワールドの
意識がリンクしているのか、はたまた想像力の賜物か。

多分にいかがわしいので、殆ど喋ったことはないんだが、
自分の来し方とは別の人間の記憶のようなものがある。

それも1人分じゃなく。
(ココ10数年、1番湧いてくるのはその中の1人のものだけど)


※ 気が向かなくなったので、以下省略。
[PR]
by romy_k | 2010-11-21 05:23 | myself

契機

この10年の私の人生はなかなかハード。
谷を越すと、また谷って感じ。

でも。ピンチって、自分を見つめ直して
間違いを正すチャンスになるのかも。

ねろの病も家庭や私の生き方を立て直す
契機になってくれるのかもしれない。

いや、そんなことのためにねろの命を
危険に晒したくはないんだけどさ。

とにかく悔いないよう、幸せな時間を
増やして行こう。

幸い、抗癌剤への反応は良好。

(詳しいことは犬日記に書くんで、
ココでは割愛する。)

真面目に回復記録を更新できるかもしれない。

More
[PR]
by romy_k | 2010-11-14 19:24 | myself

誇り

自分の育った家は、家柄も資産も何もない家のくせに、
「士の家の子は…」が多かった。

「皆がそうだからってのは理由にならない」
「多数だから良いってもんでもない」 etc. もよく聞いたセリフ。

プロトコルにも煩かったし。

正直「ウチ程度で何言ってんだろ。ばからし。」と思っていたし、
すっかり行儀の悪い人間に育ってしまったのだが。

けど、あの人達の教育は、
意外と私の価値観に影響しているのかもしれない。


つい先日、亭主に  
「ちゃうよ、誇りって。ついでに言えば、他人にえばることでも、
自惚れることでもなく、あえて言えば、己を律するためのもんだよ。」

と言っている自分に、『誰かの言いそうなセリフだなぁ』と思っちゃった。

親を選べるのなら、あの人達は選ばない と思っていたけれど、
私が私らしくあることに(何だ?それ?ってのは置いといて)
貢献していてくれていたのかもしれない とは思う。
[PR]
by romy_k | 2010-07-25 15:01 | myself

ブラームスの子守唄

夜、眠るのが苦手だ。

疲れていても、身体がミシミシしてかえって眠れなかったり。
身体が比較的軽い時でも、変にアタマが冴えてしまったり。

昨晩も疲れ過ぎで寝つけず、空が白むまでバタバタしてしまった。


そういえば、かつて、
こんな時には、ブラームスの子守唄をうたってもらったっけ。

何がどういいのか分からないけど、
不思議と心が落着く調べのようである。

今度、音源手に入れておくかな。
CDでも買ってくるか。


<おまけ>

ブラームスではないけど、
「子犬に子守歌をきかせたらどうなるか」という映像、
めちゃ和んだ♪

「しつけのいい犬と赤ちゃん」、こっちも面白い♪
[PR]
by romy_k | 2010-06-19 12:54 | myself

恵まれている?

ふと。 自分は恵まれているのかな?と思ってみたりして。

とある専門のアドバイザーに勧められて、
自分の、仕事やら会社やら社会やらへの気持ちを、恨みつらみも含めて一度拾ってみよう
と思っているのだが、その前段階として元上司のことを固有名詞で思い浮かべてみたら ―

あれれ?マトモな人の方が多いじゃん。
上司に苦労した印象が強いから、逆だと思っていたよ。

時間というか期間や、真上かどうかってとか関係性の強さを加味してみたら状況は違って
見えるかもしれないが、自分のようなタイプ(基本言うべきと思うことはハッキリ言うが、
シビアに能力を値踏みして、言う価値なしと思えば引いて観察する)の人間から見て、
○が多いって凄いことだよね。

もともと気がついてはいたけれど、そういや、担当してくれた教師も実はアタリが多かった。

集団行動とか嫌いでマイペースな自分なのに小中学校は楽しかったんだけど、
教師に同級生に… 色んな条件が上手く揃っていたんだろうな~。

改めて、自分の巡り合せに感謝したりして。

それ考えりゃ、あの数年がとんでもなかったくらい、仕方ない程度のマイナスでしかないのだろう。
せっかくだから、ラッキー♪と思って生きるか。

どうしても嫌いな人間ってのはいるし、その人間との縁を肯定することは出来ないけれどね。
[PR]
by romy_k | 2010-02-05 23:17 | myself

やっぱり私はツイている

恵まれた生活なんて全然おくれていないが、
きっと自分はツイているんだと思う。


育った環境には大きな不満があるけれど、
虐待された訳でもないし、特にハンデなく社会に出られた。

なんだかんだで支えようとしてくれるパートナーはいた&いるし、
表面的じゃない友人に恵まれた。(多分、これが最大の幸せ)

仕事も、一応技術職扱いで、この歳になってもこの不況でも
働き口はある。

健康には悩まされ続けだが、それだって…。


くたびれた時は、ちょっと良いこと数えて
境遇に感謝してみるのもいいんじゃないか と
思ったりしている自分であった。
[PR]
by romy_k | 2009-12-06 01:05 | myself

期待するから腹も立つ

かつて、当時のパートナーと心がズタズタになるまで傷つけあって、
嫌いになった訳じゃないがもうダメだ、続けられない…と別れたことがある。
なまじ長くて深い付き合いだったから、それはそれはこたえた。

が、別れると決めてからは、一緒に居ても、その前のように傷つくことはなくなり、
「やっぱり、良い奴なんだよな~」と冷静に思えるようになった。

今にして思えば、唯一無二のパートナーという想いが強かったんだろう。
パートナーと考えなくなったら、腹が立つことがなくなった。
過剰な期待をして、それをそのまま求めてしまったんだろうね。


そして、今。
亭主殿相手に癇癪起こしたり落ち込んだりしている。

これは、どう考えるべきだろう?

言葉にしにくいのだが、
本気で怒る愛情が残っているとも言えるが、
また相手に求め過ぎている危険な状態とも言えるような…。

結局のところ、自分自身が満ちていない分を相手に求めているみたいで。
それを改善しない限り、どんなに素晴らしいパートナーがいても問題は解決しない気がする。

しかし、つくづく面倒くさい奴だな、私は。


―― と、ここまでにしようとも思ったのだけれど、
私と亭主殿の組合せについてに限れば、そればかりじゃないな。

同質な部分も感じるのだが、あまりにも価値観が噛合わな過ぎる。

価値観が一致するペアなんて、ほとんど幻想ものだとは思うけれど、
かなり根幹の部分で真逆と言っていいぐらい合わな過ぎる。

だからこそ相手を補完できるのかもしれないけれど、
我々はどちらも横着者だからなぁ…。

どうも道は残っている というか 切り開いていけそうな気もするんだけれども、
どう歩いて行っていいのか分からない。
[PR]
by romy_k | 2009-11-15 03:31 | myself

自分の「心」が解らない

私の病の1つは、心と身体が同盟して頭の支配に反乱を起こした状態なんだと言う医師がいる。
確かにその通りかもしれない。

しかし、自分は今迄、心の望みを結構聞いて生きてきたつもりなんだが…。
「率直」とか「はっきりしている」とか「裏表がない」とか、私についてまわる形容詞だったりするし。
身体がキツイときは、しっかり休んでたつもりだし。


私の心は何を望んでいるのだろう?
本当に解らない。

特にこの何年かは、生きにくいように生きにくいように過ごしてきているような。


仕事をしたくないのであれば、その方向に適った暮し方もある。
頼りにならない亭主が嫌なのなら、自分で稼ぐ道もある。

友人もいて、受け入れてくれる場もある。
その他諸々。


なのに、自分は物事を壊す方向のことばかりしている。
投げやりというか刹那的というか、生き続けようとしているのか?というような面も多い。

前夫に「上手くいきそうになると壊そうとする悪い癖がある」と言われたことがあったっけ。

何故に自分を追い込んでしまうのかなぁ?
マゾじゃぁないし、不幸になりたいとは思っていないつもりなのだが。


1つだけ、分かっていることがある。

私は、十全を追い求め過ぎる。

世の中は0と10だけじゃない。(かつてのキミのポイントみたい)
0と1だけでもない。

7とか8で幸せに生きていくこと考えなきゃ なんだろうね。
3とかだって幸せに生きている人はいるだろう。
チェーザレじゃないんだし。

けど、「考える」のは頭だよね?
心に分らせるには、どうすればいいんだろうか?

自分をコントロールするのは、甚だ難しい。


今の自分の碇は、愛犬。
彼らが私を現世に繋ぎとめていてくれる。

しかし、それだけではダメだ ということは判っているんだよなぁ…。
[PR]
by romy_k | 2009-11-10 16:12 | myself

少しはマシになった

この春から幾つの病気で幾つの病院に通っているんだか…。

まぁ、なかにはカイロプラクティスとかもあるから、
全部が大変なだけでもないんだけど。
でも、やっぱり疲れる。ハシゴは2つまでだな~。

ただ良かったことも。

今年の夏の偏頭痛が今までにない頻度で参っていたのだが、
9月下旬から飲み始めた予防薬がウソのように効き、発作が殆ど出なくなった。

これは、大きい。
一番困る症状が偏頭痛の発作の激痛と連続する嘔吐だったから、
身体の負担が半分以下になった感じ。

あとは、むやみと大きい疲労感を克服すれば… だな。

仕事にも戻らなきゃならないし、ちぃとずつ体力つけて行くよう頑張ろうっと。
(仕事は、遅刻欠勤しないことだけれしか頑張らないつもりでいるけどね。)

まだ、世の中が私を受け入れてくれるうちに戻らんとな。
[PR]
by romy_k | 2009-11-07 20:01 | myself