<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012 マレーシアGP

予選P5、決勝P5



満足できたかというと微妙ながら、
まずまずの結果だったキミの復帰第1戦。

よし続け!と期待膨らむ中、
次のセパンでは、Q2トップタイム!

肝心なのはQ3で、Q2とは全然違う展開になるのは
ザラだからなぁ~と期待を抑制していたけれど、
Q3も悪くはなく、4位と同タイムの5番手。

ミハエルに買って欲しかったなぁとは思ったけれど、
それでも、この調子でタイム上げて行ってくれれば
今年は期待できるかも… ロータス悪くないかも…
期待は広がる。

ギアボックス交換で5グリッド降格は残念だけれど、
ポール獲った時に降格するより今のうちに…
なんて思ったりして。

キミの応援となると、何故にこう弱気になっちゃうんだろ(笑)
よっぽどライコネン症候群の記憶が強く残っているんだろうな。


で。迎えた決勝。
雨ですよ雨。

喜んでいいのか悲しんでいいのか
有利か不利かよく分からん、と思ったけど、
これまた、まずまずの結果、5位フィニッシュでありました。

8番スタートのアロンソが優勝、
9番スタートのペレスが2位ということからすると、
10番スタートのキミだって表彰台にのぼれてもいいんじゃ?
と思いもするけれど。

最初のタイヤ交換が遅れたのが響いたかなぁ。
それ以外は、悪くなかっただけにちょっと残念。

それでも、得意のFL獲ってはくれたし!
もう少し待ちましょうかね。


その他の雑感。

アロンソはやっぱり凄いね!
最強といわれるのも頷ける。
このフェラーリで、雨とはいえ、優勝しちゃうなんて。

第1戦でも感じたけれど、ミハエル、
決勝では結果出ていないけれど、
ニコの0.5遅れが定番だった去年とは違うね。
何故に走る?と思わなくもなかったけれど、
今年の状態なら続けるのも分かる。
存在感はサスガと思わせるところあるしね。

それ以外も、思うところなくもないけれど。
とりあえずキミが上り調子っぽく見えるので、
それだけで、もう楽しくてしょうがないのである。

それがなくても、今年はタイムが接近していて
ドライバーの特徴でそうで面白いシーズンだと思うけど。
[PR]
by romy_K | 2012-03-26 22:10 | F1

祝ライコネンF1復帰 ~ 2012 オーストラリアGP

予選P18、決勝P7



なるべく期待し過ぎないようにとか思いながらも
キミの復帰に、ひそかに心躍らせて待っていた今年のF1。

クルマの出来はどうなんだろう?
まあまあのタイムを出しているっぽいけど…
腕はナマってないよね?
あえて戻るってことはヤル気も戻っているってことだよね?
なんて思いつつ迎えると。

なんと、いきなりQ1敗退。
おいおい。キミらしいって言えばらしいとも言えるが。

チームメイトは上出来の予選だったから、
クルマは悪くないと喜ぶべきかとも思いつつも、
それでも、負けるなよ!と思わずにもいられず。


けど、決勝は、とりあえず完走、ポイント獲得。
復帰第1戦としてはまずまずなのかな。

満足はしてないけど、ライコネン症候群で
リタイアってのがなかったのは喜ばしい。

少し慣れれば、キレのある走りを見せて
くれそうな気配もあったしね。


それにしても、キミが走っているかどうかって
自分にとってこんなに重要なことだったのか
と改めて感じた。

去年も一昨年も、それなりに真面目に見ていた
つもりだったけど、今年は気持ちの入り方が
まるで違う。そして、観ていて面白い。

まぁ、クルマの差が例年より小さいし、
チャンプ6人は伊達じゃないというか
力のあるパイロットが揃っているし、
キミファンじゃなくても面白い年かもしれないが。


以下、簡単な感想羅列。

今回のオーストラリア程、カムイが邪魔!
と思ったレースはなかったかも。
全スティントで絡むとは。

ミハエルは去年とは別人ぽい。
大分と勘を取り戻してきたか。

バトンは上手いねぇ。
今年それなりに成績揃えてくるんだろうなぁ。
こうタイヤがグタグタだと、彼のスムーズさが
効いてくるんだろうね。

アロンソはしぶとい。
最強と言われるのももっともかもしれない。

セブは…もう少し様子を見てみよう。
今年言われている程悪くもない
と思ってはいるんだよね。

キミの無線は面白かった。
誰もアナタに青旗だしちゃいないって。

タイヤとか新しめの装置とかルールとか
馴染んでない感ありありだったけど、
ちょっとしたら結果出してくれそうな気配も。

これは、クラッシックなコース(スパとか)では
真ん中に立って、シャンパンのラッパ飲み
みせてくれるかも。ね!
[PR]
by romy_K | 2012-03-12 01:08 | F1

1年

311から1年が経った。

被害が深刻だっただけでなく、
まだ原発問題が現在進行形で、
「不幸には襲われたけれど
これからは復興だ!」みたいに
前向きに進むだけでは済まない
ものが残っている。

そして、この国の、
我が母国の現状と先行き。

何をどう考え、どう行動したら
良いんだろうね。

捨てたもんじゃない 
ということも少なからずあるが、
それ以上にゲンナリすることが
多くて。

憂鬱になるだけじゃダメだと思いつつ
憂鬱になってくるよ…



< 追記 >

今、職場で隣に座っているのは
中国からきたエンジニア。

仕事出来るし、責任感あるし、
人柄が良くて。

前のプロジェクトで初めて一緒に
仕事して以来、贔屓なんだけど。

今年から席が隣になって、
必要以外の雑談もするようになって、
今月は割と色んな話をし始めた。

年金・社会保障制度・終身雇用・
消費税・震災対応・電力問題・
間接/直接選挙・民主主義 etc.

去年まではデリケートな話は
とりあえずしないようにしていたけれど、
相手が良ければ、これも縁だし、
多少は話してもいいのかな~
と思い始めた。

何をどこまで って難しいけどね。
せっかくだから。

( この記事に、なんでこの追記を
書こうと思ったのか自分でも
よく分かんないけど。 )


しかし、311のせいか310の
鎮魂は薄れた感があるね。

もう本当に戦後じゃない時代なんだろう。
[PR]
by romy_K | 2012-03-11 07:07 | diary

いろいろあって

最愛のネロは逝ってしまうし、
夫は穀潰しで、人間失格度を
いよいよ高めてしまっているし。

自分は健康に不安を抱えたままで、
戻らない体型に戻らない稼ぎ、
拘りで整えたものは軒並み手放し etc.
生活の基盤をなかなか作れずに
苦労しているんだけど。

それでも、なんとか生きている。

とりあえず、住む家はあるし、仕事もある。

友人・身内、ベタベタした付合いは
していないが、気遣ってくれる人達がいる。

まぁ、もうひと踏ん張り、
ふた踏ん張りしていくしかないね。

そして、ネロがもう1度来てくれるような
場所を作って行こう。


< 追記のようなもの >

ぼんくらが、どうぼんくらか、
何が問題か、書こうかという気もあったけど。

それは本質的には本人の問題で
私の問題ではない気がしてきた。
だから、色々いきり立ったところで、
自分には解決できない。

とすると、考えてもたいして役に立たないし、
少なくても現時点では考えて腹が立つだけ
莫迦らしい。

自分のすべきこと、できることを
積み上げるのが先決かな?
と思うようになってきている。

しばらくするとまた考えが
変わるかもしれないけれど。


しかし。

新卒の就職時、「手に職」をと思ったのに
全然そうなっていないと
30前後の時には考えていた。

なのに、気づいたら意外と「手に職」に
なっていた。

なんだかんだで、現職で通用するものが
殆ど。不思議なものだ。

いつの間にか、「何とかできること」が
少しずつながら積み上がっていた。

人間関係その他鑑みて観ると
自分なりに大人になったり
成長できたりしていたこともあるみたいだ。

単に、今この瞬間、仕事については
まあまあ運が良いだけかもしれないけれど。

人間、何がどう役に立つものか
分からないな と感じている。

たからこそ。

せいぜい良心的に、自分に真面目に、
できること・すべきことをやって
何かになることを待つしかないかな?
と思うのだ。

それがしっかりできれば流れが
良い方に変わるかもしれないし。
[PR]
by romy_K | 2012-03-01 22:05 | diary